血糖値とは血液中のブドウ糖のこと|カラダに巡る血液

お腹

糖尿病を避けるには

中年男性

血糖値とは血液中に含まれるブドウ糖の量を示す数値で、高過ぎると糖尿病の、低過ぎると低血糖症のリスクがあります。ブドウ糖はもっぱら炭水化物から作られるため、血糖値を正常に保つには炭水化物の摂取量をコントロールすることが重要になります。

もっと読む

慢性的な病気につながる

体重計

血糖値とは血液中に含まれるブドウ糖の量を示しています。この量が規定より多い場合、糖尿病となり逆に少ない場合には低血糖となります。血糖値の調節には、血糖値をコントロールするサプリを使用しましょう。糖分の吸収などを緩やかにしてくれるので、血糖値を適正なものにしてくれるのです。

もっと読む

血液中に存在する物質

女の人

エネルギーの源

血糖とは、血液中に含まれているブドウ糖のことを指します。ブドウ糖は、エネルギーの源になるため、血液ではいつも一定の濃度に保たれています。そして、欠かせないのが「インスリン」と呼ばれる物質です。インスリンとは、血糖値の濃度のコントロールを行っている物質で、インスリンが不足したりすると、血液中のブドウ糖の濃度のバランスが取れず、いわゆる「血糖値が高い」という状態になってしまいます。また、血糖値が高くなる原因は、生活習慣からくるものと言われています。具体的には、運動不足や野菜不足、甘いものや炭水化物をとりすぎる、などの行動から、体の代謝が悪くなり、インスリンが不足してしまいます。不規則な生活を送る人が多いと言われている現代、血糖値が上昇している人も同じく増加していると言われており、今後もさらに増えてゆくものであると言われています。

引き起こされるリスク

血糖値が高くなることは、様々な病気をもたらしてしまいます。たとえば「糖尿病」が一般的な例としてあげられます。糖尿病とは、インスリンが不足することで起こり、症状としては、体重が減る、尿の量が多くなる、のどが渇く、疲れやすくなる、など人によって様々です。またそのまま病気を放置してしまうと、合併症を引き起こす可能性も高まってしまいます。具体的には動脈硬化や心筋梗塞、足の壊疽などの症状があげられ、初期症状から発見が遅れると、そのリスクはもっと高まると言われています。血糖値濃度を一定に似保ち、インスリンの異常を起こさないために、食生活などの生活習慣を見直し、適度な食事、運動を行い、健康な体を保つことが重要です。

血液に糖が含まれるリスク

女の人

血糖値とは、身体を流れる血液中のブドウ糖の濃度を指します。血糖値は高くても低くても身体への悪影響があり、正常な値に保つことが求められます。特に血糖値が高い状態が慢性化すると糖尿病と呼ばれ、さまざまな病気の原因となります。

詳しく見る